色見本

印刷依頼とデータ入稿

一見すると面倒に思えるフライヤー印刷のデータ入稿ですが、印刷会社の公式サイトにはデータ入稿の方法が懇切丁寧に解説されているものです。落ち着いて手順通りに作業すれば、ビギナーでも心配することはありません。ただし入校前の最後の見直しは忘れないようにしましょう。

印刷機

イベントに向けた準備

ライブや上映会向けにチケットなどを作成する場合には、小ロットの注文も受け付けている、フライヤー印刷業者を利用するケースが多いです。コストを重視するのが同人誌を作成するサークルの特徴であり、ウェブ入稿サービスや、表紙のグレードにこだわったプランも大人気です。

印刷物

フライヤーの相場とは

印刷業者によって価格の設定は異なってきますが、業者へお願いすれば費用を抑制してフライヤー印刷ができます。いうまでもなく、注文する枚数が多いと単価もダウンしますので、一括でオーダーすることをお奨めします。

広告

フライヤーの依頼方法

フライヤー印刷を実施するときには、外見を大事に考える傾向から良質な印刷を望んでいることが多いといえます。フライヤー印刷は、業者への委託が適しているといえ、インターネットの受付をしている専門業者が最適です。費用も安く、次の日に発送できるなどスピーディーな業者が数多くあります。

チラシ

フライヤー業者の選定

質が非常に高く大きい部数のフライヤー印刷を望んでいるなら、専門としている印刷会社へ依頼することが最も確実なアプローチと言えます。加えて近頃ではホームページを介しての依頼もできるので、時間が限定されている時でも直ちに応じてもらえます。

印刷法を考える

チラシ

広告効果の測定をする

フライヤー印刷の依頼をする時は、広告効果を考える必要があります。広告効果の測定のためには、過去にどのくらいフライヤー印刷をしたかのデータが必要になります。ネット経由でフライヤー印刷をする時は、その印刷会社の会員になって個人ページを作ることも多いです。個人ページの管理画面はとても便利で、過去の発注履歴を容易に知ることもできます。フライヤー印刷の依頼先を決める時は、管理画面の便利さを重視することも大切です。フライヤー印刷では様々な印刷法を選ぶことができて、時と状況に応じて輪転機による高速印刷を選ぶこともできますしオフセット印刷による丁寧な印刷を選ぶこともできます。季節要因などによって人気が急上昇する定番商品を知らせたい時は、短期間に大量印刷をすることが可能な輪転機で印刷すると広告効果が高いことがあります。新商品の雰囲気や性能をアピールする時は、写真画像を上手く活用すると効果的です。こうした時はオフセット印刷を活用することも多いです。フライヤー印刷のコストを抑えるには、最新のソフトウェアを使用すると効果的です。データベースと連携している最新のソフトを導入している印刷会社は、印刷のレイアウト決定から印刷までの流れがスムーズです。データベースに過去の発注履歴が残っている印刷会社にフライヤー印刷を依頼すると、割引価格が適用されることもあります。フライヤー印刷のコストを抑えていくには、信頼できる印刷会社に何度も依頼することも大切です。